美しき「髪の乾かし方」

髪にもいい、頭皮にもいい、そんな乾かし方、ありますか?

 

「ドライヤーは髪が傷む」とか、

「お風呂上がりはすぐにドライヤーで髪を乾かしてください」とか

「根元(頭皮の方)からしっかり乾かしてください」

などなど、髪の乾かし方についてはいろんな情報が行き交い、

「どれが正しいの?」と悩まれる方も多いのではないでしょうか?

 

 

①お風呂上がりはすぐに乾かした方がいい?

正解は◯です。

すぐに乾かした方が、

1、乾かした後の髪のつや、手触り、治りなどが良い。自然乾燥させると毛先が跳ねたり、寝癖がつきやすくなります。

2、頭皮環境のためにすぐに乾かしましょう。湿った状態が長いと雑菌の繁殖に繋がります。

 

②頭皮と髪に美しい乾かし方

1、ロングの方はまず、髪の中程から毛先にかけて簡単に全体的にドライヤーを当てます。水分は上から下の方に移動します。最初にさっと中程から毛先にかけてドライヤーを当てることで、全体的に乾かすスピードが早くなります。ただし、完全に中間から毛先をこの段階で乾かすと、根元を乾かす時には毛先が過剰に乾燥します。もしシャンプー後すぐに乾かさなかった場合はこの工程を省来ましょう。次の2の工程から初めてください。

2、次は頭皮に垂直に風を当てないように、根元付近を乾かして行きます。首元や後頭部、耳の後ろの方など、乾きづらい部分なので、最初にその辺りからドライヤーを当てます。頭皮に対し直角に風を強く当てると、頭皮の乾燥に繋がります。極力髪がメインに風が当たるように乾かしてください。毎日のことなので、この違いが大きな差を生みます。頭皮の乾燥を避けることが美しい頭皮を育てるポイントです!頭皮が悪化することで、顔や髪に悪影響が出ることは、近年多くの方が口にしています。

※乾かす前にLHOCOCO、またはAs U Likeに水100+ケセラ3+ルココ3を入れてミックスしものを毛先などの傷んでいる部分につけるとより効果的です

 

③乾かしている途中で、毛先が乾ききってしまったら

もし、まだ全体的に乾いていないのに毛先が乾いてしまったら、そのままドライヤーを続けないようにしてください。特に毛先のダメージが進んでいる場合になりやすいです。こういう場合は毛先を保護する意味合いで、一旦毛先にトリートメント(LHOCOCO、またはAs U Likeに水100+ケセラ3+ルココ3を入れてミックスしもの)をつけてから、再度ドライを開始してください

 

④乾いた後は・・・

全体に乾いてきたら風を弱くし、ヘアスタイルの型を整えながら風を当てましょう。冷風でも構いません。保護のためにルココを少量(2~3滴)手に伸ばし、毛先から薄く伸ばしながらつけます。最後に手に残ったオイルは頭皮に揉み込むと頭皮の保護にもなります。

 

まとめ

①お風呂上がり(髪を洗った後)はすぐに乾かす

②頭皮に対し直角に強い風や熱すぎる風を当てないこと

③途中で毛先が乾いてしまったらトリートメントなどをつけること

④乾いてきたら、ヘアスタイルの形を整えながらフィニッシュ!