UVA

地表に到達する紫外線の99%がUVA

プラスチックレンズは、ガラスのレンズより保護効果があり、材質(例えばポリカーボネート)によっては、ほとんどの紫外線が妨げる場合もある。

 

BAD

冬季及び朝夕でもあまり減衰しない。皮膚の真皮層に作用し蛋白質を変性させる。

皮膚の弾性を失わせ老化を促進する。

UVBによって生成されたメラニン色素を酸化させて褐色に変化させる。

波長の長いUVAの危険性は近年まで軽視されてきた。

皮膚の加齢、DNAへのダメージ、皮膚がんへのリスクはゼロではない。

一度破壊された弾性繊維は回復しない

 

GOOD

細胞の物質交代の進行に関係しており、細胞の機能を活性化させる。

米国では日照の少ない緯度の高い地域での大腸癌、乳癌、卵巣癌、多発性硬化症の相対的な多発が指摘されている

ビタミンD欠乏は、骨軟化症(くる病)を生じさせ、骨の痛みや、体重増加時には骨折などの症状を生じさせる。

精神病の治療に、精神賦活薬(PUVA療法)とともに、UVA、UVB紫外線が利用される場合がある。