UVB

表皮層に作用するが、色素細胞がメラニンを生成し防御反応を取る。

いわゆる日焼けをもたらし、この際ビタミンDを生成する。

UVB、UVCは、皮膚がん発現のリスクを伴う。

UVBは冬期や朝夕には減少する。

強度の強いUVBは目に対して危険で、雪眼炎(雪目、雪眼)や紫外眼炎(電気性眼炎)、白内障、翼状片と瞼裂斑形成になる可能性がある。

精神病の治療に、精神賦活薬(PUVA療法)とともに、UVA、UVB紫外線が利用される場合がある。