効果効能の表示について

薬事法、景品表示法など、医薬品、医薬部外品、化粧品には効果効能を表示する上でのルールがあり、各メーカーはそれを守り表示しています。

ただ、化粧品というジャンルにつきましては、比較的若いジャンルになります。今後、化粧品の定義やルールは時代に合わせ変更される場合が予測されます。

今日、化粧品は非常に優秀になり、その効果も高くなってきているように見受けられます。化粧品に使用できる成分も増え、お客様のニーズを満たすことが幅広くできるよになりました。

ただ、その機能が高くなったことでルールと実態の間にズレが生じてきました。

化粧品は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(略称:医薬品医療機器等法)という法律で概ね以下のように定義されています。

「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものを言う、と法令において定義されています。

例えば、わかりやすく言うと、化粧品は「お肌の表面付近で作用する」という意味合いになります。ただ、現在は科学技術の進歩により、多くの美容液始め、たくさんの化粧品がお肌にしっかりと浸透し、内部から健康状態を整えるサポートができるようになりました。

このように実際には浸透するものが多いのですが、ルール上では「浸透する」とは言ってはいけません。ルールが時代に追いついておらずアップデートされていないというべきなのか。

これは誰が悪い、などという論点ではなく、「化粧品というジャンルが著しく成長している」というべきでしょう。実際に大学の検証機関でデータをとり、効果があったとしても「薬事法、景品表示法」などのルールに触れると言えないのが現状です。

逆をいうと、製品単位でのエビデンスがなくても、育毛効果が厚生省に認めれている成分を配合すれば育毛効果があると表示できる、のが現状です。

例えば、弊社のピュアエンローシャンプーにはチョウジエキスが配合されております。

チョウジエキスには「オイゲニルグルコシド」という物質には、この5αリダクターゼを抑制させる効果があります。育毛効果が期待できる成分なのです。しかし、その効果につきては表示していません。ユーザー様から「産毛が生えてきた」「髪がしっかりしてきた」などという声もありますが、それすらも言ってはいけませんし、個人個人でその理由は違うであろうことから、改善した理由は検証しないと断定できません。私たちはそういうお客様の感想やレビューを真摯にうけとらえ、より良い製品を開発するために日々研究することで、お客様に安全な製品をお届けできると考えます。