アレルギー性接触皮膚炎

原因物質に触れると、皮膚の炎症細胞が感作される。次に、またその原因物質に接触することによって、皮膚の炎症細胞が活発に働き湿疹を誘発する。原因物質の毒性の強さと症状の強さは相関しない。

 

アレルギー性接触皮膚炎 (ACD)

  • 化粧品・外用剤などの原因となる物質が皮膚に接触させることで、アレルギー反応が生じ発症することが有名である。
  • 植物の原因として、サクラソウ・菊・マンゴー・銀杏が有名である。
  • 歯科金属アレルギーも非常にみられる。
    • ニッケルなどが溶けだすことによる歯肉の炎症など。
  • アレルギーの原因物質で有名なものは、プリミン(サクラソウに含まれる)・ウルシオール(漆に含まれる)・パラフェニレンジアミン(ヘアカラーリング剤に含まれる)がある。