ヘアカラー剤

ヘアカラーリング剤(ヘアカラー剤)は頭髪用の染料である。日本の医薬品医療機器等法では、ヘアカラーリング剤は、染毛剤(医薬部外品染毛料(化粧品に大別される。(一般的にヘアカラー剤といえば2浴式アルカリカラーをさします)

 

2浴式アルカリカラー(染毛剤)の主成分は、パラフェニレンジアミンなどの酸化染料で、使用時に過酸化水素水と混合することにより酸化発色し、毛髪を永久的に染める。これと同時に過酸化水素による毛髪中のメラニン色素の脱色が起こるため、染料の配合濃度に応じて「白髪染め」から「おしゃれ染め」まで、色調の異なる染毛が可能となる。カラーリングのほとんどが、この方法である。ジアミン系の酸化染料は、体質により皮膚アレルギー反応を起こすことがあるので、使用前にセルフテストが必要である。このほかの成分としてアンモニアなどのアルカリ剤を含むため、毛髪を傷める欠点がある。

 

広義において、ヘアマニキュアやHC染料や塩基性染料を使用したカラー剤、ジアミン系染料を使わないノンジアミンカラー、植物性カラーなどを「総称してヘアカラー剤」という使い方で使用される場合もあります。