刺激性接触皮膚炎

原因物質の接触によって皮膚の炎症を誘発する。

原因物質の毒性の強さによって、症状の強さが決まる。

アレルギーは無関係なので、誰でも起こり得るもので、特に検査を行うことはしない。

 

  • 油・洗剤・石鹸など刺激の強い物質で起こる
  • おむつかぶれは、尿や便が細菌によって分解されできるアンモニアによる刺激で生じる