カラスムギ穀粒油

<キャリアオイル>

カラスムギ穀粒油

– Avena Sativa (Oat) Kernel Oil
科名:イネ科
抽出箇所:穀粒

カラスムギは、欧州では大変歴史のある穀物で、記録によれば紀元前3000年頃から栽培されてきたと言われています。中世以降、主食としての地位は 小麦に譲りましたが、薬草としての 有用性は揺ぐことなく、健康食品または外用薬として民間利用されてきました。20世紀初頭から本格的に化粧品用途としての利用が始まると共に、科学的観点からの検討が始まり、各種ミネラル、食物繊維、βグルカン等に加え、燕麦特有のポリフェノール【アベナンスラミド】が発見されています。こうした歴史的、科学的な知見からアメリカFDAでは、2003年ついに『皮膚保護作用がある原料(配合量0.007%)』として承認されました。
カラスムギはその全粒からオイル抽出が可能なほど脂質を高含有(約7%)し、またセラミド等、皮膚組織特有 の成分を含む珍しい穀物です。