生産者と一体化したものつくり
日本には素晴らしい風土を反映した文化とモノつくりがあります。残念ながらその中の多くは灯火が消えそうな状況です。LHOOQは徳島と高知で藍と出会ったことがきっかけに、化粧品業界が地域の生産者と原料開発、調達を通じて風穴を開けることにチャレンジ。将来的には生産地に工場を設置しワンストップでの製品化を目指し、クリーンな産業で地域雇用を生み出すヴィジョンを持っています。

環境について
香粧界はマイクロプラスチック、二酸化炭素問題と向き合っています。ゴミを削減するために、ペーパーレス、ボトルのリユース、プラスチック製品の削減、リサイクル可能素材の採用など率先的に行っています。また早急に量り売り対応も進めます。小さな改革ですが、インバストリートメントを洗い流さない処方に変更したことは大きな一歩だとLHOOQは考えています。また放置林が及ぼす海洋汚染をLHOOQは問題視しており、解決へ導くような製品作りやコラボを構想中。

今後解決したい問題
日本には素晴らしい生産者、技術者が多くいるにもかかわらずよく耳にする「承継問題」。地域活性と生産者、技術者の承継がキーワードだと考えています。例えば、今回LHOOQが採用した藍の茎は通常残渣として廃棄する箇所です。生産者の新たなマネタイズチャンネルにすることで、地域の雇用を新たに産む可能性を秘めています。またプロダクツ=メディアだと考え、今まで知らなかった文化が広く伝わることを目的としています。